赤ちゃんの下の世話を楽に!うんち・おしっこ対策に便利だったグッズ6選

赤ちゃんの育児に大変なのが下の世話ですよね。そこで今回は先輩ママ達が使って良かったという下の世話用のグッズをご紹介します。

赤ちゃんのうんち漏れ対策

1.オムツのサイズやメーカーを変えてみる

サイズの合っていないオムツを付けていれば、うんち漏れのリスクは高まります。

大き過ぎると身体とオムツの間にすき間が出来てしまいますし、逆に小さ過ぎてもオムツの吸収容量をオーバーして漏れてしまいます。

最近はテープタイプからパンツタイプまでどのメーカーのオムツもサイズは豊富ですので、一度サイズを変えてみるのも良いでしょう。

またメーカーごとに、同じMサイズでもあっても規格は多少異なりますので、違うメーカーのオムツを試してみましょう。

サイズだけでなく、良く動き回るお子様でしたらテープタイプからパンツタイプに変えてあげるのも良いでしょう。

お母様もお子様に履かせやすいですし、最近はSサイズからもパンツタイプのオムツがあります。

お子様にピッタリのサイズを探してあげる事が、うんち漏れを防ぐ事にも繋がると言えます。

2.オムツがきちんと付けられているか確認する

サイズがピッタリ合っていても、きちんと装着していなければすき間が出来て漏れてしまいます。

きちんと股の部分のギャザーを立て、足の付け根部分のフリルも出しましょう。

テープタイプのオムツを装着中の赤ちゃんは、空腹時と満腹時とではお腹の大きさがかなり違ってきます。

こまめにオムツ替えをし、きちんと指一本入る位の締め具合になってるか確認してあげて下さい。

また、テープの止め方を工夫するだけでもしっかりと装着出来ます。

普段は横にオムツのゴムの部分と平行に止める方が多いかと思いますが、少し斜め下へ向けて逆ハの字のように止めるだけで、より一層しっかりと装着出来ますので是非一度試してみて下さい。

3.背中のすき間を埋めてあげる

きちんとサイズの合ったオムツでも、赤ちゃんが動き回るとすき間は出来てしまいます。

そのすき間を少しでも埋めるべく、オムツと背中の間にティッシュを挟んでみるのも良いでしょう。

通気性も少し良くなりますので、ゴムでかぶれてしまっている子にもオススメです。

ティッシュ以外にはカット綿も厚みがあってズレにくいのでオススメです。

使用後もオムツと一緒にサッと包んで捨てれるのは便利ですね。

またボディスーツタイプの肌着を着用するのも効果ありです。

普通の肌着と違って股部分を固定しますので、オムツのズレを防ぐ効果もあります。

もしくは漏れてしまった後を考えての対処策として、オムツと洋服の間にガーゼを挟んであげると万が一漏れてしまった時に洋服が汚れるのを食い止める事も出来ます。

汗も吸い取ってくれますので、夏場にもピッタリの対策です。

4.オムツはこまめに取り替える

基本中の基本ですがうんちをしたら、あるいは子供が踏ん張っていたら、すぐにオムツを取り替えてあげましょう。

うんち漏れのジンクスって結構あるんですよね。

「この椅子に座らせると必ず」「ベビーカーの時に限って漏れちゃう」「車のチャイルドシートだと絶対漏れる」「抱っこ紐で出掛けた時には困るのに…」「この服着てる時だけ漏れるの何で?」と言うジンクスをお持ちのお母さんも多い事でしょう。

実はこうしたものはどのジンクスも間違いではありません。

寝たままの赤ちゃんでもゆるいうんちの時など漏れる事もありますが、赤ちゃんが座ってる状態でのうんち漏れと言うシチュエーションも多く見受けられます。

今まで寝ている事が多かった赤ちゃんが、座る体勢になる事で踏ん張りやすく、一気にうんちが出てしまう事が考えられます。

これが、椅子やチャイルドシートなどに座ると漏れてしまうジンクスの原因でしょう。

踏ん張りだけでなく、椅子等に座るとオムツの下部分が椅子によって圧迫される為、うんちが押し出されて背中から漏れてしまう事も多くなります。

これは、抱っこ紐でも同じ事が考えられます。

服のサイズもいつもと同じサイズであっても、デザインによっては股の部分だけきつくなっている…という事があります。

この服着てる時に限ってと言う場合はそのような原因も考えてみましょう。

このように、ジンクスも秘密を探っていけば自ずと原因がわかるようになってきます。

そういった原因をきちんと把握し、赤ちゃんが踏ん張り出したり臭いを感じた時はこまめに取り替えてあげる事で漏れを防ぐ事が出来ます。

5.外出時はトイレを要チェック

こまめにオムツを取り替える為には、外出中であっても常にオムツを取り替えるスペースを把握しておく必要があります。

お店によってはトイレにはベビーベッドがないとこもありますので、赤ちゃんを連れて外出する際にはオムツを替えるスペースがどこにあるのかを確認しておく必要があります。

対策を上手く活用してうんち漏れを乗り越えよう

赤ちゃんのうんち漏れに対する原因と対策をご紹介しました。

ただでさえ赤ちゃんのオムツ替えの回数は一日に何回も行うので、漏れてしまったりするとそれだけでお母さんもストレスに感じてしまうでしょう。

ちょっとした工夫だけでもうんち漏れの回数はグンと減りますので、上手く活用して乗り越えていきましょう。

赤ちゃんのおしっこ・うんちなどの世話はどうしてもやらなくてはいけないものです。だからこそ少しでも楽にかつ赤ちゃんも喜ぶ形でやっていきたいところですよね。

まとめPick up

赤ちゃん
おむつ・ベビーケア
ベビーカー・ベビーカー用品
赤ちゃんの事故防止
室内遊具
授乳・赤ちゃんの食事
抱っこひも・スリング
赤ちゃんのお風呂
ベビー家具・収納
マタニティ用品
絵本・児童書
知育玩具
生活・キッチン
日用品
お風呂・トイレ・洗面用品
家電
キッチン用品・食器
携帯・スマホ
掃除用品
生活雑貨
収納用品
家具
インテリア
洗濯用品
文房具・オフィス用品
ノート・メモ帳
筆記用具
事務用品
ペット用品
犬グッズ
猫グッズ