【オススメ洗濯機】皆の評判が高い最新洗濯機6選

毎日ボタン一つで衣類をキレイにしてくれる洗濯機。電気も水道も大量に使う家電ですから、少しでも節約効果があり、ストレスも感じられない洗濯機を選びたいですよね。今回は引っ越しのシーズンなどにも参考になる好評価の洗濯機を集めました。

洗濯機の選び方

1.洗浄力か乾燥力のどちらを優先するかで洗濯機を選ぶ

一般的に使用されている洗濯機は現在2種類あり、ひとつは縦型のものになります。

縦型の洗濯機はたくさんの水を使って泡立てるため、洗浄力が高いメリットがあります。

現在売られている縦型の洗濯機には、ほとんどに乾燥機能がついていますが、完全に乾燥させるという訳でなく、室内干しに適する程度だと思っていた方が良さそうです。

一方、ドラム型の洗濯機は少量の水で洗濯をするので、節水にもつながります。

衣類を回転させながら乾燥させることが出来るので、急ぎの洋服もすぐに着る事ができます。

衣類が汚れやすい仕事をしている人や、日頃から大量に洗濯をする必要がある人は縦型、少量の洗濯がメインで外干しや取り込む時間の無い人はドラム式など、私生活の中でどちらを優先するのか考えてみてください。

2.洗濯する量で洗濯機を選ぶ

最近の洗濯機は大容量サイズのものが一般的になってきていますが、まずは自分の洗濯する量を把握しておきましょう。

4人家族ではだいたい6キロと言われています。

一人暮らしや夫婦二人暮らしであれば5キロ、4人家族やまとめて洗濯することが多いようであれば5~7キロ、5人家族や子供の制服、部活着など洗濯量が多い家庭では7~9キロ、それ以上の大家族の場合では9キロ以上が目安となります。

「どうせなら大きいサイズにしたほうがお得」と思いがちですが、大きいサイズであればあるほど、電気代や水道代は高くつきます。

毎日洗濯をするのか、まとめて洗濯するのか、今一度確認しておきましょう。

効率良く洗濯できるのはきていの8割と言われているので、極端に大きい小さい物は選ばす、自分に合ったサイズを選んでください。

3.洗濯機の寸法

縦型の洗濯機であれば、縦横幅のサイズをきちんと調べておけば、問題なく設置できることがほとんどです。

注意してほしいのはドラム式の場合です。

ドラム式の場合、横幅や奥いきが大きい物が多いため、いざ設置してみると出っ張って邪魔になってしまったり、家の中に入らない、なんてこともあり得ます。

また、ドラム式は扉が手前に開くものがほとんどなので、設置場所の壁に当たって開かない…なんてことがないようにしましょう。

ドラム式は本体の重さもあるため、床が傷んでいる場合などには補強も必要なこともあります。

洗濯機の寸法と設置場所のサイズだけでなく、その場所全体のスペースに余裕があるのかも、チェックしてください。

4.価格で洗濯機を選ぶ

洗濯機を選ぶときに大事な事のひとつに、価格があります。

縦型の物は3万円~20万円程とかなり幅があります。

その分、容量や寸法、機能などが多岐にわたるため、購入者にとっては選びやすいのが魅力のひとつです。

やはり大きいサイズや高性能になるにつれ高くなっていきますが、一般的な洗浄力で乾燥機能がついているものであれば、5~10万円前後で購入が可能です。

ドラム式の場合、そもそもの寸法が大きいのと乾燥機能が高性能の物が多いため、10万円~25万円程が平均となっています。

同じ洗濯容量でも10万円の差がある物も多いので、なるべく安く抑えたい人は、要らない機能がついていない洗濯機を選ぶようにしましょう。

5.各洗濯機メーカーの特徴で選ぶ

ここまで4つ、洗濯機の選び方をご紹介しました。

「洗浄力or乾燥力」「洗濯する量」「洗濯機の寸法」「価格」、この4つを絞り込んだら、あとはそれに見合う洗濯機を探すだけです。

そうなると、残りの決め手としては各メーカーの特徴になるので、惹かれる特徴がある洗濯機を見つけましょう。

メーカーによって特徴は本当に様々で、ここにきて「どれにしよう?」と悩む人も少なくありません。

各メーカーが謳っている特徴としては、自動で洗濯槽を洗浄してくれる、アイロンいらずに乾燥してくれる、低振動低騒音設計、温水洗浄、高圧洗浄、糸くずが付くのを抑えるなど、どれも嬉しい機能ばかりです。

欲しい機能がすべてそろっている洗濯機を見つけるのは難しいかもしれませんが、何を重視するか考えてみれば、自然とぴったりの物が浮かぶかもしれませんね。

最高の洗濯機を選ぼう

洗濯機の選び方をご紹介しましたが、使う人や家庭環境によって重視する点は異なります。

友達と一緒の洗濯機を買おう、親が使ってたから同じのでいいや、なんて選び方をしてしまうと、無駄に光熱費がかかってしまったり、満足に洗濯することが出来ない可能性もあります。

ある程度絞り込めたら、お店の人に自分のライフスタイルを伝えて相談してみるのも大切です。

洗浄力の高い縦型、衣類にやさしく節水効果が期待できるドラム式、スペースを取らない小型洗濯機などをご紹介しました。節約効果の高い洗濯機を選べば、全くストレスを感じることなく水道代、電気代を節約できるので、評価の高い高品質な洗濯機を購入しましょう。

まとめPick up

赤ちゃん
おむつ・ベビーケア
ベビーカー・ベビーカー用品
赤ちゃんの事故防止
室内遊具
授乳・赤ちゃんの食事
抱っこひも・スリング
赤ちゃんのお風呂
ベビー家具・収納
マタニティ用品
絵本・児童書
知育玩具
生活・キッチン
日用品
お風呂・トイレ・洗面用品
家電
キッチン用品・食器
携帯・スマホ
掃除用品
生活雑貨
収納用品
家具
インテリア
洗濯用品
文房具・オフィス用品
ノート・メモ帳
筆記用具
事務用品
ペット用品
犬グッズ
猫グッズ