掃除ロボットに床掃除はお任せ!皆の評判が高い掃除ロボット8選

広々とした部屋を掃除するなら、手動で掃除機をかけるよりもロボットのほうが楽ちんです。 最近はカーペット用や畳用だけでなく、フローリングを拭き掃除してくれる自動掃除機も発売されています。

掃除ロボットのメリット

1.部屋をくまなく掃除する

掃除ロボットをスタートさせると、走りだすのではなくその場でくるりと一周回っているのをよく見るでしょう。

くるりと一周している間にセンサーで部屋の大きさや掃除をする順番をこのセンサーで測っているのです。

部屋の掃除手順を決める事で無駄な動作がなく動作する前にどこからスタートしてどこに行こうと考えているのです。

実際動いて見て障害物をセンサーでキャッチしその場でまたどのように動こうかとセンサーが判断しています。

2.重労働からの解放

部屋が広くて掃除機をかける時間が長い場合や、戸建てで1階から2階へ掃除機を持って行かないといけない場合かなりの重労働になります。

掃除機をかける姿勢は腰への負担膝への負担があります。

また1階から2階へ掃除機を持っていくには、お年をめした方にはかなりの重労働といえます。

掃除ロボットは部屋の隅からか隅までお掃除をしてくれるため、腰や膝の痛い方でもお掃除を代理してくれるのが掃除ロボットです。

また体調が悪い時などにも、掃除ロボットが代理でお掃除してくれます。

3.掃除ロボットが代行

何より一番のメリットはお掃除をロボットが代行してくれる事です。

先にも述べましたように共働きでお子さんがいるご家庭では家事育児そしてお仕事の時間を、24時間でこなさなくてはなりません。

お仕事に出勤されている間やお出かけの間に掃除ロボットが掃除を代行してくれます。

家事の中で一番重労働で一番時間のかかる掃除をロボットが代行してくれる。

これが一番のメリットと言えます。

その空いた時間でお子様との時間を増やしたり、ご自分の時間を増やす事が出来ることで今まで時間が足りないと思っていた、お子さんと向き合える時間や趣味の時間を増やす事が出来ます。

4.掃除機よりすぐれている点

掃除ロボットは掃除機より排気口から出てくるチリやホコリが少なく、部屋にそれらが舞う心配が少ないという利点があります。

また掃除機をかけると人間同士の会話が出来ないほど音が大きく、夜間の掃除が時には近所迷惑になることもありますが掃除ロボットはとても静かでこの点でも掃除機よりすぐれています。

掃除ロボットの機種にもよりますが、従来の掃除機より計算されつくした動作ですばやく掃除が終るため、消費電力も従来の掃除機より少なくなります。

掃除ロボットのデメリット

1.維持費のコスト

従来の掃除機では維持費という概念はないのではないでしょうか。

電源が入らなくなったコンセントのケーブルが切れてしまったなどはもう買い換える他ありません。

しかし掃除ロボットの場合はバッテリーが消耗してしまって、掃除ロボットが壊れたわけではないのですが、バッテリーを購入しなおす等の部品の交換が必要となってくるため維持費という点でのコストは従来の掃除機よりかかってくるのではないでしょうか。

2.隙間や角が苦手

先に述べましたが、掃除ロボットはスタートする時に家の中をセンサーで測ることで無駄なく掃除をする事が出来ます。

と述べましたが、家具と家具の間の少しの隙間や隅の角まではかき出すブラシも届かない事があり、ゴミを残してしまう事があります。

角によっては掃除ロボットの形状により届かず掃除をしないでユーターンして次へ行ってしまう場合もあります。

こういった点は人間が掃除機のノズルを変更して隙間を掃除したり、角の隅々まで臨機応変に対応出来る点は従来の掃除機の方がメリットがあると言えます。

3.家具や壁に当たる

掃除ロボットをスタートする時に掃除範囲を測定しますが、それでも家具を避けるわけにはいきません。

家具のすぐ傍のゴミも掃除しなくてはいけないため、家具に体当たりしている掃除ロボットを見たことがあります。

傷をつけるほどではありませんが、イスの足などは何度も当たりながら、周りを細かく掃除していくため前もって掃除ロボットが当たらないように物を片付けておく必要があります。

また、使用されている住居の形態がマンションの場合ランニング時は静かですが先に述べたように家具に何度も当たること壁に何度もあたることによって、お隣への迷惑な生活音になってしまいます。

4.コンパクトだからこそのデメリット

掃除ロボットはテーブルの下や家具の下、ベッドの下などもお掃除できるように平たく薄いタイプの物がほとんどです。

そのため従来の掃除機ほど大きなゴミは吸い込む事が出来ません。

吸い込み口も小さいためです。

またコンパクトだからこそ入れる掃除できる箇所が多いですが、薄いため吸い込んだゴミを貯めて置く事量が少ないため、その都度ゴミを捨てなくてはいけない手間がかかります。

掃除ロボットを試してみよう

掃除ロボットは掃除の代行家政婦さんのようなものですが、やはり人間の目や人間がいき届くところまで届かないというデメリットもあります。

そこで大きく広く家具が少ない部屋を掃除ロボットにお任せして角は後から確認することで、お掃除時間を短縮する事が出来ると考えます。

引っ越しや大掃除を機に、ロボット掃除機を家に迎えてみてはいかがでしょうか? その頭の良さと活躍ぶりに愛着がわくこと間違いなしです。掃除に費やしていた時間を、趣味や家族と過ごす時間に変えていきましょう。

まとめPick up

赤ちゃん
おむつ・ベビーケア
ベビーカー・ベビーカー用品
赤ちゃんの事故防止
室内遊具
授乳・赤ちゃんの食事
抱っこひも・スリング
赤ちゃんのお風呂
ベビー家具・収納
マタニティ用品
絵本・児童書
知育玩具
生活・キッチン
日用品
お風呂・トイレ・洗面用品
家電
キッチン用品・食器
携帯・スマホ
掃除用品
生活雑貨
収納用品
家具
インテリア
洗濯用品
文房具・オフィス用品
ノート・メモ帳
筆記用具
事務用品
ペット用品
犬グッズ
猫グッズ