最新のハサミ9選。切れ味バツグンから携帯用ハサミまで進化するハサミ達

ハサミは意外に生活の中で欠かせないものですよね。袋を切る時や何か工作をするといった時に活躍します。今回はそんなハサミの中で実際に使って良かったという声があがっているハサミ達をご紹介します。

ハサミの選び方

1.手の大きさでハサミを選ぶ

手の小さい子供は、大きいハサミを使うと持ち手のところが安定せずとても使いにくいですし、ハサミを開いたときに指が抜けて下に落下して怪我をしてしまったなんてことも起こります。

子供用ハサミは13~15cmくらいの小さいハサミを選ぶのがよく、刃先は丸く、指も子供の幅にあったものを選びましょう。

大人のハサミは、子供用のハサミよりも刃渡りが長く、一回で切れる長さも長いです。

刃先も尖っているので、注意が必要です。

グリップ部分は手の大きさ、指の長さにあったものを選ぶようにしましょう。

大人のハサミでも男性用、女性用が出ているので女性は一回り小さめの女性用ハサミを使うときりやすいでしょう。

2.値段でハサミを選ぶ

ハサミの値段は、やすいものだと100円均一で100円で買うことができますし、高いものだと何万円もするハサミがあります。

自分がそのハサミをどれくらい使うのか、また何に使うのかでハサミの選び方は変わってきます。

家でちょっとしたものをきる用と仕事で使うハサミとではハサミの構造が違ってくるのでその分値段が変わってきます。

100均のハサミがちょっときりにくいと感じている方は、一度100円程度のハサミを使ってみてください。

切れ味が本当に違いますよ。

ハサミをどれくらい使うか考えて値段で選ぶ方法もいいでしょう。

3.切るものでハサミを選ぶ

画用紙などの紙をきるのか、布や糸をきるのか、また、人の髪をきるのか、切るものでハサミの選び方も変わってきます。

画用紙用は歯がギザギザしているデザインのものが切りやすいですし、布を切るなら布用バサミです。

布用バサミは紙用バサミよりも高性能でできています。

布は繊維質で紙よりもきりにくいからです。

また、糸は細いので小さい糸切り用バサミがいいですし、人の髪を切るなら美容師さんが使っているような専用のハサミが必要です。

とても切れ味がよくて、髪の毛をつぶさず傷めず切ることができます。

もし紙用で切ってしまうと、髪の毛を潰してきってしまうので、枝毛や切れ毛の原因になってしまいます。

何を切るのかによって、ハサミの選び方を変えてみてください。

4.利き手でハサミを選ぶ

これは、やっている人も多いと思いますが、右手用のハサミが多いからといって、左利きに方が右利き用のハサミをつかうとうまく切れません。

グリップも右利き用に作られているので、手にフィットしなくて使い心地も悪いでしょう。

右利きの人が左利きのハサミを使っても同様のことが言えます。

ハサミならなんでも同じだとはおもわずに、ちゃんと自分の利き手のものをつかうようにしましょう。

メーカーによっては両利き用も出ているので、それも試してみてください。

5.見た目やデザインでハサミを選ぶ

ハサミってどれも同じ形で似たようなデザインだと思ったら大間違いです。

最近では、本当にいろいろなデザインのハサミが登場しています。

自分のお気に入りのハサミを見つけるとずっと大切に使うことができます。

自分に合ったハサミを選ぼう

ハサミの選び方をご紹介しました。

今までなんとなくハサミを選んでいたなという人は、一度ハサミの選び方を見直してみるといいでしょう。

ハサミにはいろいろな種類があってとても奥が深いです。

このようにハサミと言っても様々なタイプがあります。自分の生活に応じて最適なハサミを選んでいきましょう。

まとめPick up

赤ちゃん
おむつ・ベビーケア
ベビーカー・ベビーカー用品
赤ちゃんの事故防止
室内遊具
授乳・赤ちゃんの食事
抱っこひも・スリング
赤ちゃんのお風呂
ベビー家具・収納
マタニティ用品
絵本・児童書
知育玩具
生活・キッチン
日用品
お風呂・トイレ・洗面用品
家電
キッチン用品・食器
携帯・スマホ
掃除用品
生活雑貨
収納用品
家具
インテリア
洗濯用品
文房具・オフィス用品
ノート・メモ帳
筆記用具
事務用品
ペット用品
犬グッズ
猫グッズ