犬の散歩時に絶対持っていきたいグッズ6選。給水からウンチ処理まで

愛犬と散歩する際には、きちんと散歩に必要な準備を整えたいですよね。そこで今回は皆さんが実際に使って良かったという散歩時に活躍するグッズをご紹介します。

愛犬を散歩させる時のポイント

1.愛犬のサイズに合わせた散歩の量を

愛犬と言っても、小型犬であったり大型犬であったりと、飼う犬によってサイズが異なります。

サイズによって体力にも差があり、また歩幅も異なるものです。

犬の種類によって散歩の時間やコースを決める必要があります。

大型犬と同じように小型犬を散歩してしまっては、体力の消耗が激しく、また関節などに負担がかかるようになってしまいます。

逆に小型犬と同じような量の散歩だと、大型犬は運動不足になり、上手くストレスを解消することも出来ません。

愛犬の種類、サイズによって散歩の運動量を考えることは必要で、健康に生きてもらう為にも気を付けるべきです。

2.夏場の暑い時間帯は避けるべき

夏の日差しが強い時間帯に時間が出来たからといって、飼い主の都合だけで散歩をしては、愛犬が辛い散歩と感じてしまうこともあります。

犬は全身が毛で覆われているうえに、人間のように靴を履いている訳ではない為、地面の熱が直接体に影響されてしまいます。

また愛犬の種類によっては、暑さに弱くて熱中症になってしまう犬もいます。

いくら散歩が好きな犬とはいえ、日差しが強い夏の季節は注意が必要です。

少し暗くなってきた時間帯、日があまり強くない朝型など、時間帯に注意して散歩をするようにしましょう。

3.トイレの処理を忘れずに

散歩中に愛犬が用を足すことはごく自然なことです。

だからといって、そのまま放置して帰ってしまうことはマナーがなっていません。

飼い主として必要なことの一つに、愛犬を飼う上でのマナーが存在します。

愛犬の散歩コースが小さな子供たちの遊び場だったら、踏んでしまったり触ってしまう危険性もあります。

このようなことが起きないよう、愛犬のトイレ処理が出来るように、袋や手袋、スコップなどの用意が必要でしょう。

犬を飼う家庭が多くなった今だからこそ、今一度飼い主のマナーも見直してみるべきです。

海外では、愛犬のトイレ処理をしなかった飼い主には、自宅までその糞を届けるという手段をとるところもあるほどです。

4.リードは適切な長さを保つこと

自由にさせてあげたい、楽しませてあげたいという思いからリードをしなかったり、かなり伸びるリードをしている飼い主が見られます。

その人や愛犬にとっては良いことかもしれませんが、皆が犬の好きな人とは限りません。

動物が苦手な人、犬が怖いと思う人もいる為、最低限人が近付いてきた時や、歩道などを歩く際には、リードを短くし、適切な長さを保つことが必要です。

自分と愛犬を優先させるのではなく、周りの人が不快な思いを抱かぬように気を付けることが大切です。

このような気遣いによって、どちらも気分よく過ごせるものです。

5.習慣となるように毎日同じ時間に

犬に快適に過ごしてもらうためには、散歩の時間を定めておくと良いでしょう。

例えば仕事をしている人は散歩の時間帯が夜になることが多いでしょう。

その時、疲れているからと寝る前に散歩に行ったり、休みの日は時間があるからと昼間にいったりと、時間がまちまちだと、犬も迷ってしまいます。

「そろそろ散歩の時間かな?」と思って待っていても、その日は違う時間帯、となると愛犬は待つ時間が長くなってしまいます。

出来るだけ習慣となるように、同じ時間帯にいくように心掛けましょう。

また食事をする前、トイレを済ませた後、といったように、散歩にいく際のルールを設けておくと良いでしょう。

6.ある程度のしつけをしてから散歩を

散歩に行った時に、人が通るたびに吠えたり威嚇したり、または道に落ちているものを拾い食いしてしまうという犬もいます。

このようなことがないように、飼い始めたらしつけをある程度しておくことをオススメします。

人に吠えるということは他人に迷惑をかけてしまいます。

また拾い食いをすることで体を壊したり、吐いたりという事態を招いてしまいます。

食べていけないもの、人に慣らすこと、こうしたことは散歩をする上では必要なしつけ。

適当に散歩するのではなく、愛犬にとって楽しいもの、発散できるものとなるように、学ばせておくことが大切です。

愛犬を散歩する際に「とりあえず歩かせておけばいい」とか「自分が疲れたら帰ればいい」という解釈をしている人がいます。

誰のための散歩で、何の為に散歩をしているかをまずは考えてみましょう。

犬は飾りでもアクセサリーでもありません。

命がある生き物を大切にするためには、飼い主の心掛けや気遣いも非常に大切になってくるのです。

飼い主にとっても愛犬にとっても、快適になる散歩の仕方を心得ましょう。

愛犬と散歩するのはとても楽しいですが、それなりの準備も必要です。こうしたグッズを利用して快適な散歩をしていきましょう。

まとめPick up

赤ちゃん
おむつ・ベビーケア
ベビーカー・ベビーカー用品
赤ちゃんの事故防止
室内遊具
授乳・赤ちゃんの食事
抱っこひも・スリング
赤ちゃんのお風呂
ベビー家具・収納
マタニティ用品
絵本・児童書
知育玩具
生活・キッチン
日用品
お風呂・トイレ・洗面用品
家電
キッチン用品・食器
携帯・スマホ
掃除用品
生活雑貨
収納用品
家具
インテリア
洗濯用品
文房具・オフィス用品
ノート・メモ帳
筆記用具
事務用品
ペット用品
犬グッズ
猫グッズ